許可の要件

産業廃棄物収集運搬業の許可取得には、次の要件が必要です。

1、産廃処理業 講習会の受講

2、経理的基礎を有すること

3、事業計画書の作成

4、欠格要件に該当しないこと

5、必要な設備が備わっていること

1、産廃処理業 講習会の受講について

産業廃棄物を扱うため、産業廃棄物の知識を得る必要があります。

全国の産業廃棄物協会で主催する講習会を受講します。
講習会の最後には、確認テストが行われ、合格者には、『修了証』が発行されます。

※発行された修了証を申請書類に添付するので合格しなければなり
ません。受講するのは、役員が望ましいです。
役員でなければならない。と、条件をつける自治体があります。
役員以外の方が受講する場合は、事前確認をおすすめします。

修了証の有効期限は、
新規講習会の修了証:発行日より5ヶ年
更新講習会の修了証:発行日より2ヶ年

※自治体によっては、上記より短く設定される場合があります。
2、経理的基礎を有すること

継続的に事業を続けられると判断されなければ許可が下りません。
判断基準として、下記が挙げられます。

・利益が計上できていること
・債務超過の状態でないこと
・納税していること

主に、上記が挙げられますが、自治体によって基準が異なります。
事前に確認しましょう。
会社設立間もない会社の場合や、債務超過の状態が続いてる場合は、収支計画書の提出により、健全性を説明します。

3、事業計画の作成

収集運搬業を始めるにあたり、産業廃棄物の『排出元』『運搬先』
『運搬量』等、収集運搬事業計画を作成します。

※筋道が通っていない計画では、許可を取得できません。

4、欠格要件に該当しないこと

申請者(法人の役員、株主又は出資者、政令で定める使用人も対象)が次のようなケースに該当しないことが必要です。
なお、許可後においても次のいずれかに該当した場合、当該許可の
取り消しなどの処分を受けることがあります。

・成年被後見人、被補佐人又は、破産者で復権を得ない者
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を
 受けることがなくなった日から5年を経過しない者
・暴力団員。暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者

※上記以外にも欠格要件があります。

5、必要な設備が備わっていること

収集運搬業を始めるには、収集運搬業ができる設備が必要です。
設備に関しては、事業計画に則った設備で十分です。

例えば、汚泥や廃油を運ぶのに、キャブオーバ車で直置きでは、
運搬できません。逆に、木くず、廃プラスチック類を運搬するのに
清掃車や糞尿車で運ぶことも困難です。

事業計画に則った、設備を揃えましょう。

※特別管理産業廃棄物を扱う場合には、バイオハザードマークの
入った容器を使用したり、冷凍車を使用したり、あらかじめ、
計画と準備すべきものをよく確認しましょう。

 

 

産業廃棄物の許可なら行政書士法人LINX