積替保管施設の許可が下りました

積替保管施設の許可が下りました

昨年末に申請していた東京都の積替・保管施設の許可がようやく下りました。

審査期間は、土日祝日が含まれないため、年末年始を考えると約60日です。

 

 

積替・保管施設の許可は、収集運搬業や処分業と制度(許可)が

別にあるわけではなく、収集運搬業の許可の中に積替・保管施設の有り・無しが

明示されます。

 

積替・保管施設の無い収集運搬業の許可をお持ちの方が、新たに積替・保管施設を

新設する場合は、新規の許可や変更“届”ではなく、“変更許可申請”となります。

 

また、変更許可申請をする前段階として、行政側との事前相談や事前協議が必須になります。

 

 

【積替・保管施設の新設までの流れ】

① 施設の決定と保管方法の選定

② 事前相談等

(条例や別の法令に基づく各種届出が必要になる事があります。)

③ 各種手続

④ 事前協議書の提出

⑤ 施設内工事等

⑥ 立入検査

⑦ 新規(変更)許可申請

⑧ 許可決定

※上記は、東京都の流れです。

 

※埼玉県や千葉県は、周辺同意や説明会の実施があります。

→土地の用途や、自治会長の有無によって、取り扱いが異なります。

 

※埼玉県は、がれき類など、塀に直接もたれ掛かる保管方法については、

塀の強度を示す資料が必要です。

 

※自治体によって難易度が異なります。

 

産業廃棄物の許可なら行政書士法人LINX